グループホームを
利用したい

「グループホームの日常」

2019.10.19グループホーム柳河内

遠く離れていても、近くに…。

秋も深まりゆく中、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年はインフルエンザが早くも流行しているとの事でご注意下さい。

 

さて、LINE(ライン)という便利な機能を活かしながら、入居者のご家族様とも繋がっています。

グループホーム柳河内の入居者様の中には、ご家族が遠方や海外にお住いの方もいるので、

日頃からラインを通して写真や書類の情報交換。

今回は、いつもやりとりをさせていただいているドイツにいるご家族様より、

すてきな写真を送って頂いたので、ご紹介致します。

入居者様と一緒に秋空のもと、敷地内に植えたコスモスとその様子などをドイツへ送信。

娘様からもすぐお返事をいただきました。

 

時差8時間。

こちらは16時20分・・・

向こうは・・・朝8時?

時々相手の時間を忘れる時もありますが…。

 

ドイツの今を時々頂きます。

ドイツといえばビール。美味しそうですね…。

(郊外のステキな動画をお見せできないのが残念(´;ω;`))

どんな写真も絵になるなぁ~と感じながらも、入居者様へも見て頂きました。

「ほぉ~そうね~」とにっこり。

遠く離れていても、元気にしている事にどちらも安心されてました。

 

今回、動画は添付できませんでしたが、動画や電話もできるのが、LINEの良さですよね。

 

グループホーム柳河内では、ご家族様へ毎月「縁便り(ゆかりだより)」を発行しています。

縁便りは、表が、担当スタッフが入居者様の生活の様子やケアプランの実施状況。

裏面が、ホーム長便りで案内やお知らせ、プチコラムなど載せて情報共有を図っております。

 

最後にもう一つ。

職員さんが秋らしい飾りを作られました。

白いのは綿(わた)の花?実?らしいです。

初めてみましたが、季節感のあるリースですね。

これから少しずつ寒さが増してきます。

皆様方も季節の変わり目ですので、お気をつけください。

 

ホーム長 田元 浩揮